連帯保証人に迷惑をかけない債務整理とは

  • 債務整理の過払い請求の流れ

    • 債務整理で過払い金の返還請求をする場合、弁護士や司法書士に依頼することが多いです。



      その流れは、まず取引履歴の開示を求めることから始まります。取引履歴を開示し、そしてそれに基づいて利息の計算をし直します。

      この際に利息の支払いすぎがないかどうかを確認します。
      もしも過払い金が発生していた場合、それを取り戻すため手の手続きを行います。



      このような手続きだけを見れば、弁護士や司法書士でなくてもできそうに思うかも知れませんが、個人でするのは非常に難しいと考えられます。

      金融機関としてもできれば支払いたくないと考えているでしょうから、交渉をきちんと行わないと相手にされてないことにもなりかねません。



      ですから、最初に弁護士や司法書士に依頼した方が良いです。債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、契約を結び、契約の中ですべての手続きを任せることを取り決めます。



      こうすると、弁護士や司法書士が借りた人に代って返還請求を行うことができるようになります。

      そのことを金融機関に通知するのが受任通知です。



      受任通知が行われると、金融機関は本人に連絡できなくなりますし、催促もできなくなります。



      そして、返還請求は弁護士や司法書士が行うことになり、本人は任せておくだけになります。
      過払い金を取り戻すことができれば、その中から報酬を支払うことが多いです。
      過払い請求は単独で行われることもありますが、債務整理が行われたときにはたいていは行われます。

  • 関連リンク

    • 生活を送る上で、やはりお金はとても重要な役割と果たしている事から、どうしても生活を送る事でもお金がない事が大変な状況となり、消費者金融業者や銀行などからお金を借りたりする際に、利息もプラスして返済をする事となります。しかし、その生活を補填する為のローンを借り入れる事となると、毎月来る返済に追われる状況となる事も考えられて、借金にまた借金をする形となると、それこそ自転車操業と言った形になり、借金が膨れ上がる事となります。...

    • 長い間消費者金融などから借り入れをしている人の場合、債務整理をすることによって借金がなくなった上で、さらにお金をもらうことができるケースもあります。弁護士や司法書士に報酬を支払わなければならないのにもかかわらず、トータルで戻ってくると言うのはどういうことなのでしょうか。...